メニュー1メニュー2メニュー3メニュー4

メッセージ

入れ歯を検討されている方現在お持ちの入れ歯に違和感を感じている方向けの総合情報サイトです。検討の際の参考になさってください。

また、疑問·質問にも随時お答えしますので、お気軽にご相談ください。

メリット·デメリット

メリットデメリット入れ歯の種類はとても豊富で、患者様の状況によって使い分けることが出来ます。近年インプラントが注目を集めていますが、入れ歯のメリットも決して無視できる物ではないのです。こちらでは入れ歯とインプラント、ブリッジの比較表を掲載しております。

入れ歯の種類

 

総入れ歯とは?

一度失ってしまった歯は残念ながら2度と戻ってきません。しかし、ご自身に合ったものを使用することで快適な食事を楽しむこともできるのです。これから入れ歯をしようとしている方も、何かしらの悩みをお持ちの方も一度こちらをご覧下さい。

部分入れ歯とは?

抜歯などの後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させるものです。1本だけ失った場合でも、1本しか歯が残っていない場合でも可能です。

金属床義歯とは?

金属床の「床」という言葉は、土台となる部分を指しています。この「床」を金属で作るか、レジンで作るかで大きく変わってきます。金属で作ることで、高い強度や、床の厚みを大変薄くすることで違和感を減らすことが期待できます。

レジン床義歯とは?

基本的に保険を適応する事ができますので、安価で作ることができます。破損時の修理が比較的簡単であるという特徴もあります。

金属を使わないとは?

金属を使った場合、審美的に問題が出てしまうことがあります。しかし、金属を使わないことで、審美的に優れた入れ歯を作ることができます。金属アレルギーの心配もない体に優しい入れ歯です。

バネを使わないとは?

従来のものと違いバネを用いない入れ歯であるため、一目で区別がつかないほど自然な仕上がりになります。また金属アレルギーの心配もありません。

保険適用とは?

保険外(自費)と保険適用の2種類あります。患者様への金銭的な負担を最小限に抑えることができます。

食事を楽しみたい人向けの入れ歯とは?

歯が抜けたままにしていると、日常生活にも影響が出ることがあります。その中でも一番影響が出るのが食事ではないのでしょうか。精度の高い入れ歯を使うことで日々の食事をお楽しみ下さい。