メニュー1メニュー2メニュー3メニュー4

保険適用と自費負担の入れ歯

保険適用と自費負担の入れ歯の比較表

hikaku.png

その他、自費の利点:設計、製作段階で医師と技工士の間の確認が十分にとられ、より優れている入れ歯ができます。製作過程で模型制作などに使われる材料は精度の高いものが使われるので、より適合が良くかみ合わせのしっかりしたものが出来ます。

人の歯の色は千差万別、様々な種類があります。自費用の人工歯は保険と比べ、色、形とも多数用意されており、より個人にあった自然な入れ歯を作ることが出来ます。

人の口の中は食べ物の中に髪の毛が一本混じっていただけでも、それを感じ取るぐらい敏感に出来ています。その為、より薄く出来る金属床は、口の中の違和感を和らげることが出来ます。

入れ歯の構造

jihi.png

自費負担の入れ歯

人工歯:天然の歯の代わりになるもの
患者様それぞれに最も合うように、様々な色、形が用意されています。

歯肉部:歯茎の代わりになる部分
汚れがつきにくく、装着感もいい形態になっています。ご要望にあわせた形態を作ることも可能です。

義歯床(金属床):口の中の粘膜に密着している部分
入れ歯が落ちないように固定したり、入れ歯で噛んだ力を粘膜に伝えたりします。金属を使用した場合は、薄く装着感がよい。

維持装置:入れ歯を残っている歯に固定する装置
残っている歯に必要以上の負担をかけず、歯を長持ちさせることが出来ます。種類によっては、外から留め金が全く見えないので、入れ歯をしていることが分かりにくくなっています。

jihi.png

保険適用の入れ歯

人工歯:種類が限られている為、場合によっては残っている歯の色、形のバランスが悪くなることがあります。

歯肉部:汚れが付きにくく、装着感がよい形態になっています。基本的な形態だけで、制限があります。

義歯床(樹脂):金属と違い割れやすいので、かなり厚くなっています。また、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度、味覚が感じにくくなります。

維持装置(留め金):残っている歯を取り囲むようにして入れ歯を固定します。その為、歯の状態によっては、笑ったときに見えたり、多少口の中で違和感があります。

自費と保険との入れ歯の製作過程の違い

自費での入れ歯は、より高い精度、それによる、よりよい装着感を求められるために、多くの手間をかけて製作されています。また、それぞれの過程で使用される材料や道具も自費専用の精度の高いものが使用されています。

jihi.png

中心位臼歯部咬合法

1.パラフィンワックスを幅22~25㎜にカットします。(写真1,2)
2.火炎で両面焼きます。(写真3)
3.それを7~8㎜幅に折ります。(写真4)
4.再び軟化して3枚分の厚さに折ります。(写真5)
5.これを2つ作ります。
6.両臼歯部に乗せ、前歯部が3~5㎜開口する程度の高さで咬合採得をします。(写真6,7)
7.ワックスを噛み切っていないか確認します。(写真8)
8.咬合器にマウントします。(写真9)

咬合採得のコツ

患者さんに噛んでくださいと言うよりは、そっと合わせてくださいといいます。 奥で合わせてくださいとはあまり言いません。 それでちょっとあわせたかなと思ったら、結構ですと言います。
この時、ワックスを噛み切っていないのかがポイントです。噛み切ってしまった場合はやり直します。
そしてまたそっと合わせて下さいと言い、そうこうしているうちにだんだん硬くなります。 もう大丈夫(硬く)かなと思ったら、ちょっと力を入れてくださいと言います。 まだ大丈夫かなと思ったらまた、もうちょっと力を入れて結構ですと言います。

写真.1 写真.2 写真.3
jihi.png jihi.png jihi.png
写真.4 写真.5 写真.6
jihi.png jihi.png jihi.png
写真.7 写真.8 写真.9
jihi.png jihi.png jihi.png

いい入れ歯と悪い入れ歯

口の中で動く悪い入れ歯

jihi.png


















精密に口の中を型取りして作った入れ歯

jihi.png

白金加金(Gold-Platinum Alloy)の特性

jihi.png

1.生体安全性に優れている。生物学的に安全である。
2.金属自体の機械的なパフォーマンスが高い。
3.耐久性・耐食性・耐変色性に優れている。
4.延性が高く、加工性に優れている。
5.味覚を変化させない。
6.リサイクルが可能で、経済的で環境にもやさしい。
7.見た目にもきれいで、豊かな黄金色を出す。
8.適合がよく、違和感も少なく、よく噛める。